【2022/04/14】

 紙の美しさはその光の反射の強弱、角度、多様さにあると思う。たとえそれが一枚の紙だったとしても、無数の光の煌(きら)めきがあって、それは紙の多孔と光の粒子の相性がよいせいだと言えるでしょう。ナノや半導体レベルの単位に慣れている現代では、平らな紙が持つ、目にぎりぎり見えるほどの凸凹が心地よく、ほっとします。紙の地の色味だけで十分に豊かなのです。

 布施知子(長岡市与板地域出身)…

残り1688文字(全文:1905文字)