新潟県と新潟市が公表した新型コロナウイルスの感染者集団(クラスター)の発生傾向に違いが出ている。新潟市公表分では学校や保育施設関連が大半だが、県公表分では会社関連も多い。公表の基準とする人数が県は5人、新潟市は10人と異なるためとみられる。保健所が濃厚接触者の追跡を緩めていることもあり、専門家は公表されているクラスターは「氷山の一角」だとして、企業などに対策の徹底を呼び掛けている。

 1月1日〜4…

残り704文字(全文:913文字)