陸上の日本学生個人選手権最終日は17日、神奈川県のレモンガススタジアム平塚で行われ、男子400メートル障害は東京五輪代表の黒川和樹(法大)が49秒40の大会新記録をマークして優勝した。

 女子5000メートルは山本有真(名城大)が15分49秒19で勝ち、1万メートルで日本歴代2位の記録を持つ不破聖衣来(拓大)は12位だった。3000メートル障害は男子の菖蒲敦司(早大)が8分40秒57、女子の吉村玲…

残り61文字(全文:270文字)