男子20キロのレース序盤で競り合う、(右から)優勝した池田向希、2位の高橋英輝、3位の諏方元郁=石川県輪島市
男子20キロのレース序盤で競り合う、(右から)優勝した池田向希、2位の高橋英輝、3位の諏方元郁=石川県輪島市

 陸上の日本選手権35キロ競歩は17日、石川県輪島市の日本陸連公認コースで行われ、男子は東京五輪代表の川野将虎(旭化成)が2時間26分40秒で優勝した。女子は園田世玲奈(NTN)が2時間45分48秒で制し、ともに世界選手権(7月・米オレゴン州ユージン)の派遣設定記録を突破して代表に決まった。

 20キロの特別レースも実施され、男子で東京五輪銀メダルの池田向希(旭化成)は1時間18分53秒で派遣設定記…

残り116文字(全文:325文字)