新潟県長岡市出身の連合艦隊司令長官、山本五十六の80回目の命日となった18日、同市坂之上町3の山本記念公園で法要が営まれた。遺族や関係者約20人が五十六をしのびつつ、平和への思いを新たにした。

 五十六は太平洋戦争の回避に努めたものの、開戦時はハワイ真珠湾攻撃の指揮を執った。1943年4月18日にパプアニューギニアのブーゲンビル島上空で米軍機に撃墜され戦死した。

 法要は、五十六の遺徳をしのぶ「山本…

残り384文字(全文:601文字)