つち目入れ体験をする修学旅行生
つち目入れ体験をする修学旅行生

 2021年度に修学旅行で新潟県燕市産業史料館を訪れた児童・生徒数が、20年度比76%増の5824人と過去最高になったことが市の集計で分かった。新型コロナウイルス禍で東京や関西方面への旅行を取りやめたことが要因とみられる。

 修学旅行で同市を訪れる児童・生徒は19年度までゼロだったが、新型ウイルスの影響で県内や隣県を選ぶ学校が急増。21年度は県内の小中高校と特別支援学校計125校5381人に加え、山…

残り500文字(全文:709文字)