満開の桃の花に囲まれた桃畑を散策する観光客=17日、刈羽村刈羽のぴあパークとうりんぼ
満開の桃の花に囲まれた桃畑を散策する観光客=17日、刈羽村刈羽のぴあパークとうりんぼ

 新潟県刈羽村の特産「砂丘桃」をアピールする「桃の花見フェスティバル」が17日、村内3会場で開かれた。訪れた人々は晴天に恵まれた桃畑を散策し、満開となった濃いピンクの花々を眺めて楽しんだ。

 刈羽村では、江戸時代から砂丘地で桃の栽培が始まり、大正時代には栽培面積が50ヘクタール、農家数は190戸に上ったという。近年、高齢化などで栽培農家は約20戸まで減っており、村は毎年、フェスティバルを開いて活性化…

残り251文字(全文:460文字)