大地の芸術祭の魅力を花角英世知事に紹介する十日町市の関口芳史市長(右から2人目)と北川フラム氏(右)=19日、県庁
大地の芸術祭の魅力を花角英世知事に紹介する十日町市の関口芳史市長(右から2人目)と北川フラム氏(右)=19日、県庁

 「越後妻有 大地の芸術祭2022」が、新潟県で29日に開幕するのを前に、関口芳史・十日町市長と芸術祭総合ディレクターの北川フラム氏が19日、県庁で花角英世知事と面会し、新型コロナウイルスの影響で1年遅れの開催となった芸術祭の見どころなどを紹介した。

 大地の芸術祭は3年に1度開催され、今回で8回目。十日町市と津南町を舞台に300以上のアート作品を展示する。来場者の密を防ぐため会期を大幅に拡大し、1…

残り189文字(全文:398文字)