新潟県は男女平等社会実現に向けた第3次男女共同参画計画(2017〜21年度)について、21年度末までの達成状況をまとめた。県内事業所の管理職に占める女性の割合が17・4%(目標21%)にとどまり、政治経済活動の場で「男性の方が優遇されている」とする人の割合が16年より増加するなど、目標設定した全37指標のうち半数以上の19項目が未達成だった。県は「依然として男女の役割分担意識が根強く残っている」…

残り987文字(全文:1188文字)