「初任地の柏崎刈羽原発が仕事の原点」と話す東電の福田俊彦原子力・立地本部長=同原発
「初任地の柏崎刈羽原発が仕事の原点」と話す東電の福田俊彦原子力・立地本部長=同原発

 1日付で東京電力の原子力・立地本部長に就任した福田俊彦氏(64)が23日までに、新潟日報社のインタビューに応じた。東電は柏崎刈羽原発でテロなどを防ぐ核物質防護体制の不備など、問題が相次いだことを受け、本社原子力部門の一部を新潟県柏崎市に移転する計画を進めている。福田氏は原子力部門トップとして、地元との信頼関係構築を重視しながら、現場と本社が一体となって改革を進める考えを強調した。(新潟日報社原発…

残り1022文字(全文:1223文字)