コロナ(新潟県三条市)は25日、2022年3月期の連結業績予想を修正して発表した。世界的な半導体不足の影響などで売上高を21年10月公表の798億円から786億4千万円とした一方、生産コストの削減などにより各利益はいずれも引き上げた。

 電子部品など原材料の調達難で、住設機器や暖房の生産・販売が想定を下回ったが、生産性の向上などを進めたことで利益面は上向いた。繰り延べ税金資産の回収可能性の見直しも…

残り46文字(全文:255文字)