新潟県は28日、県庁で新型コロナウイルス感染症対策本部会議を開き、県内の「警戒状態」の解除を正式に決めた。飲食を伴う会合の人数や時間の制限は呼びかけない。県立高校で1人でも感染者が出た場合に原則休校としていた基準は緩和し、感染状況に応じてまずは学級閉鎖で対応する。解除は感染者数が減少傾向にあり、病床の逼迫(ひっぱく)も避けられているため判断した。

 会議は冒頭を除いて非公開で行われた。花角英世知事…

残り440文字(全文:649文字)