火災で焼けた三幸製菓荒川工場=村上市長政
火災で焼けた三幸製菓荒川工場=村上市長政

 三幸製菓が遺族説明会を開いた29日、亡くなった当時68歳の女性=胎内市下館(しもたて)=の夫(74)と、長男(44)が新潟日報社の取材に応じた。夫は三幸製菓に対し、「妻はただの清掃員じゃなく、複雑な仕事を任されていた」とし、「孫たちに慕われていた本当の姿を知ってほしい」と訴えた。

 料理上手な女性を、孫たちは「ばばちゃん」と呼んでなついていたという。三幸製菓での勤務は18年ほど。近所に住む6人の孫…

残り686文字(全文:895文字)