新型コロナウイルスのオミクロン株が流行する中、感染した妊婦が入院し出産する事例が新潟県内で増えている。感染者の出産は主に、高度な周産期医療を提供する病院で受け入れており、今後も増加が続けば、切迫早産などの医療を必要とする母子に対応できなくなる恐れもある。オミクロン株は軽症者が多く、県は「医療は逼迫(ひっぱく)していない」とするが、周産期医療に関しては異なる事情がうかがえる。

 県医療調整本部による…

残り905文字(全文:1114文字)