福島-新潟 失点を重ね、2回途中で降板した先発小林=南会津
福島-新潟 失点を重ね、2回途中で降板した先発小林=南会津

 ルートインBCリーグの新潟アルビレックスBCは1日、福島県のびわのかげ総合運動公園野球場で福島と対戦し、五回降雨コールドで、3-11で敗れた。

 新潟は投手陣が崩れ、2桁失点で大敗した。

 初先発の小林は、一回2死から5長短打を浴びて5失点。継投した初登板の山田が三、四回を無失点で立て直したが、五回に本塁打と3四死球から打者一巡の攻撃を許した。

 打線は初回、松島と熊倉の適時打で2点を先制。逆転された…

残り156文字(全文:381文字)