試行錯誤の末、かなざわ総本舗(上越市)が編み出した「出陣餅」は1970年代、高田駅周辺で相次いだ大型スーパーや百貨店出店の波に乗る。そこには県人経営者の決断があった。

 出陣餅の発売から3年後の72年、東京・御徒町に本店を置く総合小売業「吉池」が、高田駅前にスーパー「上越ヨシイケ」を開店する。その吉池の創業者で、松之山町(現十日町市)出身の社長・高橋與平(よへい)氏はある時、出陣餅を手土産に上京し…

残り1349文字(全文:1558文字)