舞台あいさつに臨んだ役所広司さん(中央)、小泉堯史監督(右)、松たか子さん=2日、都内
舞台あいさつに臨んだ役所広司さん(中央)、小泉堯史監督(右)、松たか子さん=2日、都内

 長岡藩家老の河井継之助を描いた映画「峠 最後のサムライ」の完成披露試写会が2日、都内で開かれた。新型コロナウイルス禍で当初の2020年9月の公開予定から3度延期され、来月17日に全国公開となる。河井を演じた役所広司さんは舞台あいさつで「お待たせしました。この映画は、21世紀に生きるわれわれの心に響く言葉がたくさん詰まっている」とアピールした。

 映画は司馬遼太郎の小説「峠」を原作として、松竹や新潟…

残り253文字(全文:462文字)