見附-長岡商 2番手で登板し、6回無失点で勝利を呼び込んだ長岡商の内藤日向=長岡市悠久山球場
見附-長岡商 2番手で登板し、6回無失点で勝利を呼び込んだ長岡商の内藤日向=長岡市悠久山球場

 [長岡商7ー4見附]先行を許した長岡商だが、尻上がりに投打が活気づいた。流れを呼んだのは、救援した内藤日向の6回無失点の力投だった。

 マウンドに立った四回、3点をリードされていたが「この点差で負けるわけがない」。チーム力に自信のある細身の左腕は、低めに集めて10奪三振。内野安打1本に封じた。打線も快投に応えるように七回、主将小野塚蒼の同点適時三塁打をきっかけに逆転した。

 初戦突破にも内藤は「チー…

残り326文字(全文:543文字)