見附-長岡商 2番手で登板し、6回無失点で勝利を呼び込んだ長岡商の内藤日向=長岡市悠久山球場
見附-長岡商 2番手で登板し、6回無失点で勝利を呼び込んだ長岡商の内藤日向=長岡市悠久山球場

 第146回北信越高校野球県大会(県高野連、新潟日報社主催)は2日、長岡市悠久山球場などで2回戦12試合を行った。

 長岡商は見附に先制を許したが、四回から登板した内藤日向が10奪三振の好救援で反撃を呼び込み、逆転勝利を収めた。

 佐渡は同点の四回に池野奏時が勝ち越し打を放ち、新発田商に勝利した。新潟第一は主戦菅原朝陽が9回途中3失点と粘投し、新発田を下した。長岡工は4番倉持廉の先制打を皮切りに、11…

残り345文字(全文:562文字)