長岡-長岡大手 6回表、長岡2死一、二塁、星野(中)が左越え3点本塁打を放ち10-6。本塁に帰り中澤(左=6)とタッチ。右は捕手小椋=三条パールスタジアム
長岡-長岡大手 6回表、長岡2死一、二塁、星野(中)が左越え3点本塁打を放ち10-6。本塁に帰り中澤(左=6)とタッチ。右は捕手小椋=三条パールスタジアム

 [長岡11-9長岡大手]手に汗握るシーソーゲームにけりをつけたのは、長岡の主砲、星野耕大の3ランだった。「4番の仕事をしようと、無我夢中だった」と殊勲の一打を振り返った。

 二回までに6点リードされたが、六回に1点を勝ち越し、なおも2死一、二塁で打席が回ってきた。「みんながつくってくれた良い空気を、絶対に切らさない」と、内角高めの直球を振り抜き、左翼スタンドへ突き刺した。冬場、筋力トレーニングで体…

残り380文字(全文:589文字)