新潟県がまとめた3月の新潟市消費者物価指数(2020年=100、確報値)によると、「総合」は100・9で、統計データが残る1970年以来最も高い水準となった。原油や液化天然ガス(LNG)の高騰で、電気代やガス代など光熱費が大幅に値上がりしたことが要因だ。

 総合指数は前年比1・6%、前月比0・5%それぞれ上昇した。前年比プラスは5カ月連続となる。「生鮮食品を除く総合」は100・6で前年比1・3%、…

残り1108文字(全文:1317文字)