6回1死満塁のピンチで、新潟工業の先発板倉(左)から桐生へ継投=柏崎市佐藤池野球場
6回1死満塁のピンチで、新潟工業の先発板倉(左)から桐生へ継投=柏崎市佐藤池野球場

 第146回北信越高校野球県大会は7日、柏崎市佐藤池球場などで4回戦8試合を行い、8強が出そろった。

 新潟工は七回、4番田中龍磨の左前打を皮切りにダメ押しの4点を奪うなど、13安打10得点の猛攻で長岡商をコールドで下した。村上桜ケ丘は先発山﨑理生が5回2安打無失点。打線も三回に打者10人を送り6点を挙げるなど、投打がかみ合い上越に快勝した。

 北越は左腕4人の継投で追いすがる長岡を振り切った。東京学…

残り264文字(全文:481文字)