第146回北信越高校野球新潟県大会(県高野連、新潟日報社主催)は10日、長岡市悠久山球場、柏崎市佐藤池球場で準々決勝4試合を行う。

 北越は多彩な投手陣を小刻みにつなぐ。好調な打線は、4回戦で10盗塁と小技も光る。中越は4番杉田海人を筆頭に打線に勢いがある。投手陣は小幡拳志郎を中心に粘りたい。

 東京学館は継投で最少失点にしのいできた。打線は2本塁打の上村泰雅がけん引する。高田北城は3戦連続逆転勝ち…

残り267文字(全文:484文字)