新潟市は9日、ロシアによる軍事侵攻が続くウクライナから1世帯2人が市へ避難してきたことを明らかにした。市内在住の親戚を頼り、4月に来日。5月3日に新潟市に着き、住民登録を終えたという。市によると、県内で避難民を受け入れた自治体は初めて。

 避難してきた2人の年齢や性別などは非公表。現在は市が準備した滞在場所におり、本人たちが希望すれば、市営住宅を無償で提供する方針だ。

 ウクライナからの避難者には、…

残り326文字(全文:543文字)