島内で今季初めての薪能が上演された天領佐渡両津薪能=佐渡市原黒
島内で今季初めての薪能が上演された天領佐渡両津薪能=佐渡市原黒

 佐渡で今季初の薪能となる「天領佐渡両津薪能」が、新潟県佐渡市原黒の椎崎諏訪神社能舞台で演じられた。3年ぶりに新型コロナウイルス対策の行動規制がない中、野外での幻想的な舞台を楽しもうと多くの観客が集まった。

 両津薪能は両津地区の観光関係者などでつくる実行委員会が、毎年5月から10月にかけて5回上演する。5日はその初回で、天女とその羽衣を拾った漁師の物語「羽衣」が披露された。シテ(主役)の天女を佐渡…

残り258文字(全文:467文字)