岐阜、三重の両県は10日、旅行の宿泊費などが割り引かれる県民割の対象を拡大し、13日から新潟県の住民も利用できるようになると発表した。新潟県によると、この拡大によって県境をまたぐ旅行キャンペーンで政府が分けた全国六つの地域ブロックのうち、本県を含む「北陸信越・中部」ブロックの全県と隣県を合わせ、11県で相互に利用できるようになる。

 新潟県民が割引を利用できるのは両県のほか、山形、福島、群馬、長野…

残り81文字(全文:290文字)