障害物競技「アジリティ」部門に挑戦する飼い主と犬=長岡市青葉台1
障害物競技「アジリティ」部門に挑戦する飼い主と犬=長岡市青葉台1

 愛犬と飼い主がチームで技を競う「スーパードッグスコンペティション」が7、8の両日、新潟県長岡市青葉台1の長岡ニュータウン公園で開かれた。県内外から参加した253組が息を合わせ、障害物を越える種目などで訓練した技を披露した。

 競技会は犬を伸び伸び遊ばせる環境を整備しようと、ペットショップなどでつくる実行委員会(新潟市西区)が1998年から開いている。新型コロナウイルス禍で3年ぶりの開催となった。

 …

残り202文字(全文:419文字)