中越-東京学館 五回2死二、三塁、東京学館の羽吹幸隼の適時打で生還する二走・八幡=長岡市悠久山
中越-東京学館 五回2死二、三塁、東京学館の羽吹幸隼の適時打で生還する二走・八幡=長岡市悠久山

 第146回北信越高校野球新潟県大会は12日、長岡市悠久山球場で準決勝2試合を行い、東京学館と日本文理が決勝に駒を進めた。東京学館は北信越高校野球県大会では2002年秋以来、日本文理は2季連続。

 東京学館は四回の古澤蒼士の先頭打者本塁打で勢いづくと、12安打9得点で中越との乱打戦を制した。

 日本文理は主戦田中晴也が2失点完投。打線も二回以降着実に得点し、新潟明訓に競り勝った。

 決勝は14日午前10…

残り53文字(全文:278文字)