新潟明訓-日本文理 10三振を奪い、2失点完投した日本文理の主戦田中晴也=長岡市悠久山
新潟明訓-日本文理 10三振を奪い、2失点完投した日本文理の主戦田中晴也=長岡市悠久山

 [日本文理5ー2新潟明訓]最後の打者を自己最速タイの148キロで三振に仕留め、エースの貫禄を見せつけた。日本文理の田中晴也は10三振を奪い、新潟明訓打線を2点に抑えた。「最後は自信のあるストレートで決めたいと思って投げ込んだ」と、渾身の一球を振り返った。

 立ち上がりに1点を失い、二回にも得点圏に走者を背負った。「自分たちのリズムではなく、受け身になっている」とバッテリーで相談。テンポを上げると、…

残り518文字(全文:727文字)