中越-東京学館 4回東京学館無死、先制本塁打を放ち、雄たけびを上げる古澤=長岡市悠久山(長岡支社・富山翼撮影)
中越-東京学館 4回東京学館無死、先制本塁打を放ち、雄たけびを上げる古澤=長岡市悠久山(長岡支社・富山翼撮影)

 [東京学館9ー6中越]会心の一撃が合図だった。東京学館は中盤、古澤蒼士の一発を皮切りに打線に火が付き、六回まで7点の“貯金”を生みだした。

 両先発が、三回まで5三振を奪う力投で無失点。「今日は投手戦だ」。2年生捕手、八幡康生の想定が一転したのが四回だった。

 先頭は、今大会不振が目立った古澤。だが準々決勝、あと本塁打のみでサイクル安打という打撃で息を吹き返した。そして、欲しかった一発をこの日、放っ…

残り543文字(全文:760文字)