新潟県警外事課は12日、北朝鮮による拉致の可能性を排除できないとして行方を調べていた男性の所在を国内で確認したと発表した。県警は本人の話などから拉致の可能性はないと判断した。

 男性は26歳だった1977年3月、「佐渡の実家に帰る」と言い残し、新潟市内にある勤務先の寮から失踪。県警は2013年以降、北朝鮮による拉致の可能性を排除できない事案としてホームページに氏名や失踪時の状況などを公表し、情報を…

残り210文字(全文:419文字)