第146回北信越高校野球新潟県大会(県高野連、新潟日報社主催)は14日、長岡市悠久山球場で決勝を行う。北信越大会出場1枠を懸け、3年ぶりの優勝を狙う日本文理と、初の頂点を目指す東京学館がぶつかる。

 日本文理は投打に安定感がある。東京学館は準決勝の打線の勢いを再現できるか。

 決勝は午前10時に試合を開始する。

 投打に隙がない日本文理と、打撃が上り調子の東京学館が相まみえる。経験豊富な選手が並ぶ日本…

残り408文字(全文:633文字)