新潟交通(新潟市中央区)は2022年3月期の連結決算を発表した。新型コロナウイルス禍による移動需要の減少が続き、4億3400万円の最終赤字となった。ただ、前年と比べ損失幅は半分程度に縮小。需要は回復傾向にあるとみて、23年3月期は各利益が黒字転換し、1億円の最終黒字になると予想している。

 一般乗合バスを中心とする運輸事業は、ウイルス禍で大きく落ち込んだ前年から増収となったが、限定的な回復にとどま…

残り652文字(全文:861文字)