東京学館新潟-日本文理 7回裏2死二、三塁 4番上村が左越えの2点適時打を放つ=長岡市悠久山
東京学館新潟-日本文理 7回裏2死二、三塁 4番上村が左越えの2点適時打を放つ=長岡市悠久山

 第146回北信越高校野球新潟県大会(県高野連、新潟日報社主催)は15日、長岡市悠久山球場で決勝を行った。東京学館が日本文理に8-7で逆転勝ちし、1983年の創部以来、初の頂点に立った。

 東京学館は4-7の七回、上村泰雅の適時打で1点差に迫ると、2死満塁から新田龍生の2点適時打で逆転。投手陣も粘りを見せ、逃げ切った。

 優勝校の東京学館は、6月4日から福井県で行われる北信越大会に出場する。

▽15日の…

残り27文字(全文:252文字)