東京学館-日本文理 7回東京学館2死満塁、新田が逆転の2点適時打を放ち8-7=長岡市悠久山(長岡支社・新井田悠撮影)
東京学館-日本文理 7回東京学館2死満塁、新田が逆転の2点適時打を放ち8-7=長岡市悠久山(長岡支社・新井田悠撮影)

 [東京学館8-7日本文理]東京学館を初の栄冠に導いたのは、7番新田龍生のバットだった。仲間がつないでくれた七回の逆転打に「自分の仕事を全くできていなかった。やっと貢献できた」と、金色に輝くメダルを見つめ、喜びをかみしめた。

 七回、3点差にリードを広げられてもナインの集中力は切れなかった。2死二、三塁から4番上村泰雅が2点適時打を放ち、なおも満塁として新田に打席が回った。初球、外角のスライダーを捉…

残り336文字(全文:545文字)