新潟-埼玉 9回1死一、二塁でサヨナラ打を放ち、スタンドの歓声に応える阿部一=エコスタ(写真映像部・佐藤勝矢撮影)
新潟-埼玉 9回1死一、二塁でサヨナラ打を放ち、スタンドの歓声に応える阿部一=エコスタ(写真映像部・佐藤勝矢撮影)

 ルートインBCリーグの新潟アルビレックスBCは15日、ハードオフ・エコスタジアムで埼玉と対戦し、4-3でサヨナラ勝ちし、連敗を2で止めた。

 新潟は投手陣が粘り強く投げ、打線も好機を生かした。

 打線は1点を先制された直後の三回、無死二塁から小池の適時打で追い付いた。五回には小池のソロ本塁打で勝ち越し。六回に逆転されたが、九回1死一、二塁から阿部一が2点適時打を放った。

 先発中園は六回、逆転2点本塁…

残り434文字(全文:659文字)