明るく見やすくなったJR燕三条駅の地場産品展示ケース
明るく見やすくなったJR燕三条駅の地場産品展示ケース

 JR燕三条駅2階コンコースに設置している新潟県燕三条地域の企業の製品を並べたガラスケースが、明るく見やすい展示にリニューアルされた。駅の利用客らが足を止め、精巧な技や、研磨やデザインの美しい製品の数々に見入っていた。

 展示ケースは地元企業PRのため、燕三条地場産業振興センターが2002年に設置した。高さ1・4メートル、幅3〜3・5メートルのケース14個を4列に並べている。85社がチタン製タンブラ…

残り310文字(全文:519文字)