日銀新潟支店は、5月の金融経済動向を発表した。県内景気は、新型コロナウイルスの影響で「引き続き厳しい状態にあり、持ち直しの動きは鈍化している」との基調判断を据え置いた。輸出や生産の判断も維持したが、同支店は、ウクライナ情勢や中国上海市の都市封鎖に触れ「先行きには注意が必要だ」と警戒感を示した。

 個人消費は「一部で弱い動きとなっているものの、持ち直している」として、前回(4月公表)の「持ち直しの動…

残り338文字(全文:547文字)