任期満了に伴う新潟県知事選(29日投開票)で、現職花角英世氏(64)=自民支持=と会社役員の新人片桐奈保美氏(72)=共産、れいわ、社民推薦=の無所属2人が連日支持を訴える中、新潟県関係国会議員も各陣営の応援に動いている。新潟県連として自主投票を決めた立憲民主党など野党系は、片桐氏支持を明らかにする議員がいる一方で「中立」とする議員もおり、スタンスの濃淡が目立つ。花角氏を後押しする自民党側は、政府・党の役職や国会日程をこなしつつ東京と新潟県を足しげく往復し、応援演説に立つ議員もいる。

残り951文字(全文:1196文字)