北海道・知床沖の観光船沈没事故で、水難学会は16日、海上の風や潮のデータを基に試算した結果、行方不明者は事故現場から190キロ以上流されている可能性があると発表した。同学会理事で、海岸工学などが専門の犬飼直之長岡技術科学大准教授が算出した。事故では14人が死亡、12人が行方不明となっている。

 犬飼准教授によると、11〜14日午前に北もしくは北西の風が続いた影響で、不明者は14日までに北へ190キ…

残り330文字(全文:539文字)