土俵の上で力いっぱい押し合う子どもら=5月15日、新発田市住田の加治川地区公民館土俵
土俵の上で力いっぱい押し合う子どもら=5月15日、新発田市住田の加治川地区公民館土俵

 小学生力士が競う「2022わんぱく相撲大会」の新発田場所が15日、新潟県新発田市住田の加治川地区公民館土俵で開かれた。同市や胎内市、聖籠町など5市1町1村から集まった子どもたち約70人が、元気いっぱいに相撲を取った。

 新発田青年会議所と中条青年会議所、にいがた北青年会議所、いわふね青年会議所が主催。新型ウイルスの影響で20、21年は中止となり、3年ぶりに開かれた。

 大会は学年ごとに行われ、子ども…

残り136文字(全文:353文字)