三条八幡宮(新潟県三条市八幡町)の春季例大祭「三条祭り」のメインとなる大名行列が15日、3年ぶりに行われた。新型コロナウイルス感染症対策のため、例年より規模を縮小しての開催となったが、「導祖神」の天狗(てんぐ)様が高げたを踏む音を響かせ、沿道から大きな拍手を受けた。

 大名行列は1822年、三条の領主だった村上藩主が京都所司代に就任したことを祝って始まったとされる。今年が節目の200周年に当たるこ…

残り440文字(全文:649文字)