上越地域の酒かすを使ったトマトベース(左)とみそベースのさかきん発酵鍋
上越地域の酒かすを使ったトマトベース(左)とみそベースのさかきん発酵鍋

 新潟県上越市出身で「発酵学の父」として知られる坂口謹一郎博士にちなみ、岩の原葡萄(ぶどう)園(同市北方)などの有志が、酒かすを使った鍋を新たな上越グルメにしようと企画している。「さかきんさん」と親しまれた博士にあやかり、「さかきん発酵鍋」と命名。飲食店関係者らを招いた試食会も開いた。今後、企画に賛同する飲食店からメニュー化してもらうことで上越の新名物に育てたい考えだ。

 岩の原葡萄園や冠婚葬祭業の…

残り561文字(全文:770文字)