ラートの技を披露する後藤龍一さん=5月13日、新潟市西区
ラートの技を披露する後藤龍一さん=5月13日、新潟市西区

 新潟市西区の五十嵐小学校教諭、後藤龍一さん(22)が、二つの輪でできた運動器具「ラート」の競技で世界大会に出場するのを前に、同校で演技を披露した。児童たちは、珍しい器具を操る華麗な動きに歓声を上げた。

 ラートはドイツ発祥。車輪と床との接地の仕方などによって3種目に分かれている。

 後藤さんは、転がしたラートの上を越えたり、ラートの上に乗って飛び降りたりする「跳躍」という種目で、23日からデンマーク…

残り302文字(全文:519文字)