コンブの生育状況を確認する養殖業者の岩崎成太さん=佐渡市莚場の沖合
コンブの生育状況を確認する養殖業者の岩崎成太さん=佐渡市莚場の沖合

 新潟県佐渡市の沖合で養殖されているコンブとワカメが4月、藻類としては初となる日本農林規格(JAS)の有機認証を受けた。漁船の塗料などが溶け出していない海域で養殖していることなど、厳しい条件をクリアした。認証による付加価値を生かし、オーガニック製品の需要が高い海外への進出を見据えている。

 有機JAS認証は、農林水産省の委嘱を受けた第三者機関が、農薬や化学肥料などを使用せずに生産された農林水産物や、…

残り798文字(全文:1007文字)