新潟県は17日までに、2023年度の県央基幹病院(三条市)の開院に向け、救急医と、さまざまな病気に対応する総合診療医の募集を始めた。同病院の医師確保は大きな課題で、県はオンライン海外留学支援制度などを売りに呼び込む考え。

 県央基幹は県立燕労災(燕市)と厚生連三条総合の両病院(三条市)を統合して開設する。県央地域の公立・公的5病院の急性期機能を集約。救急科と総合診療科を統合し、多様な疾患の患者を受…

残り293文字(全文:502文字)