検査装置のデモ機。物の画像をコード化し、他との差異を見いだす=長岡市のサンシン
検査装置のデモ機。物の画像をコード化し、他との差異を見いだす=長岡市のサンシン

 ソフトウェア開発のコードアース(CE、新潟県長岡市)とテープ研磨機製造のサンシン(同市)は、量産品を撮影し、良品、不良品を瞬時に判別できる独自の仕組みの検査装置を開発した。撮影した画像の特徴を記号に置き換えた「テキストコード」で比べることで、低コストで検査を効率化できるとし、各種製造業への売り込みを図る。

 CEが検査装置に用いるのは、画像を細かく分割し、各区画に表れる明るさや色合い、傷の有無とい…

残り601文字(全文:810文字)