県立公園「花と緑と雪の里」で見頃を迎えたシバザクラ=5月17日、魚沼市根小屋
県立公園「花と緑と雪の里」で見頃を迎えたシバザクラ=5月17日、魚沼市根小屋

 越後三山を望む新潟県魚沼市根小屋の県立公園「花と緑と雪の里」で、シバザクラが見頃を迎えた。約20万株が1ヘクタールの区画を覆い尽くすように咲きそろい、家族連れらが「きれい」「すごい」と感嘆の声を上げていた。

 会場では魚野川を泳ぐ魚をモチーフに、濃いピンクや白、薄紫など6種類のシバザクラがパッチワークのように並ぶ。ウグイスなど鳥の鳴き声が響く中、目の前に雪が残る八海山、中ノ岳、越後駒ケ岳が広がり、…

残り177文字(全文:386文字)