新潟市の中原八一市長は17日の定例会見で、新型コロナウイルスワクチン4回目接種の日程を発表した。対象は3回目接種から5カ月以上経過した60歳以上と、基礎疾患がある18〜59歳の市民。60歳以上には26日から順次、接種券を送付する。18〜59歳の基礎疾患がある人は接種券の申請が必要で、23日に受け付けを始める。市によると、4回目の接種は7月から本格化する見込み。

 中原市長は「4回目は重症化リスクの高い人が対象。積極的な接種を検討してほしい」と呼びかけた。

 対象者は60歳以上が約25万人、18〜59歳の基礎疾患がある人は2万人ほどを見込む。

 65歳以上で3回目が個別接種だった人と60〜64歳は接種券が届き次第、医療機関か集団接種を予約する。65歳以上で3回目が集団接種だった人は、日時と会場が指定された接種券が届く。

 18〜59歳の接種希望者は接種券を申請する。23日午前9時から、市の無料通信アプリ「LINE(ライン)」やコールセンター、025(250)1234などで受け付ける。基礎疾患がある人に情報が届くよう、3回目まで接種した18〜59歳全員に案内はがきを送る。