大河津分水通水100周年を記念した田んぼアートの田植え作業=5月14日、燕市
大河津分水通水100周年を記念した田んぼアートの田植え作業=5月14日、燕市

 色の異なる稲で絵柄を描く「田んぼアート」の田植えが、新潟県燕市の吉田ふれあい広場近くの水田で行われた。今年は大河津分水の通水100周年にちなみ、「大河の恵み」をテーマに絵柄を考案。地元の農家や子どもたちは完成図をイメージしながら、丁寧に苗を手植えした。

 市や地元農家でつくる市景観作物推進協議会が主催し、16回目。40アールの水田に黄、紫、赤、白、緑の5色の稲を使って絵を描く。今年のデザインは、米…

残り223文字(全文:432文字)